らいばる > RAIVAL 株式会社フレックスヴァリエーションのスタッフブログ記事一覧 > 戸建 値ごろ感で人気高まる

戸建 値ごろ感で人気高まる

≪ 前へ|オフィス需要「前向き」継続   記事一覧   リノベ市場も拡大 民泊マンションで事業参入|次へ ≫
カテゴリ:不動産市況


  建売住宅の市場ではマンションのような価格上昇の動きは見られない。
復興需要やオリンピック準備など、景気動向に左右されやすいコンクリート系の建築費に対し、木材を使い職人が建てる住宅は価格が乱高下しにくいからだ。
最近では、1億円を超える物件も珍しくなくなったが、全体としては圧倒的なシェアを持つパワービルダーがプライスリーダーとなって価格を抑えている。
最近では、マンション価格が上がり過ぎたため、「マンションと建売住宅の価格逆転」が話題になったこともあり、中古マンションを売却し建売住宅を選択する人も増えている。現在の建売人気の背景には、価格の値頃感があるが、市場全体としては、パワービルダーの在庫調整が進んだことで、比較的堅調な動きを見せている。18年の建売住宅市場の特徴は、「一生付き合える住まいへ」新たな付加価値競争に突入している。
*週刊住宅タイムズ抜粋

≪ 前へ|オフィス需要「前向き」継続   記事一覧   リノベ市場も拡大 民泊マンションで事業参入|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る