らいばる > RAIVAL 株式会社フレックスヴァリエーションのスタッフブログ記事一覧 > 中古戸建て価格/首都圏・近畿圏で大幅上昇に。大阪市は3割アップ

中古戸建て価格/首都圏・近畿圏で大幅上昇に。大阪市は3割アップ

≪ 前へ|新築戸建て価格/埼玉、千葉で最高額を更新/東京23区、ほぼ横ばい推移   記事一覧   2020年分譲マンション賃料/首都圏平均で初の3000円台に|次へ ≫
カテゴリ:不動産市況
中古戸建て価格
首都圏・近畿圏で大幅上昇に
大阪市は3割アップ

東京カンテイは1月12日、全国主要都市圏・主要都市別に中古戸建住宅の価格動向をまとめた。それによれば、首都圏12月の平均価格は3284万円と前月比8.2%上昇した。11月の全面的な下落基調から一転、全体として一気に上昇している。東京都は同11.9%と2桁上昇し、5223万円だった。

近畿圏(2府4県)の平均価格は2545万円(前月比1.6%上昇)だった。主要府県では、大阪府が2811万円(同3.3%上昇)となった。京都府は3463万円(同9.2%上昇)と大幅に上がった。主要都市で見ると、大阪市が前月比33.6%の大幅上昇を見せて4700万円となり、京都市も5096万円(同18.8%上昇)と大幅上昇だった。

中部圏平均も2468万円(前月比9.4%上昇)と強含み。愛知県は3015万円(同10.0%上昇)となり、名古屋市は4135万円(同24.7%上昇)となった。




※週刊住宅タイムズ参照
≪ 前へ|新築戸建て価格/埼玉、千葉で最高額を更新/東京23区、ほぼ横ばい推移   記事一覧   2020年分譲マンション賃料/首都圏平均で初の3000円台に|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る