らいばる > RAIVAL 株式会社フレックスヴァリエーションのスタッフブログ記事一覧 > 首都圏で価格続落 じわり膠着、東京は上昇維持

首都圏で価格続落 じわり膠着、東京は上昇維持

≪ 前へ|賃料減額分を補助 テナント事業を支援   記事一覧   分譲マンション賃料 近畿は大阪築浅けん引|次へ ≫
カテゴリ:不動産市況

中古マンション

首都圏で価格続落

じわり膠着、東京は上昇維持



 

 

 東京カンテイは5月21日、三大都市圏・主要都市の中古マンション価格の推移をまとめた。

 それによると、首都圏の4月平均価格は、前月比1・3%下落し、3701万円と3月に続き落ち込んだ。
 

 都県別で見ると、東京都は5139万円(同0・7%上昇)と再び上昇したものの、神奈川県が2863万円(同1・8%下落)、埼玉県で2247万円(同2・3%下落)、千葉県2062万円(同2・0%下落)といずれも落ち込んだ。
 

 主要都市別に見ると、東京23区は5736万円(前月比1・1%上昇)となり、1年前の同じ月との比較でも3%台のプラスを維持した。
 

 さいたま市では、2698万円(同0・6%上昇)と上がったが、前年同月を上回る水準には至らない。一方、横浜市は3130万円(同0・7%下落)、千葉市が1927万円(同2・6%下落)となった。
 

 都心6区(千代田・中央・港・新宿・文京・渋谷)は8345万円(同0・8%上昇)となった。城南・城西は昨年9月の最高値(5515万円)を上回った。
 

 近畿圏平均は、2427万円(前月比0・7%下落)と12カ月ぶりに反落した。大阪府は2626万円(同0・3%下落)、兵庫県が2153万円(同2・1%下落)だった。主要都市の価格を見ると、大阪市は3420万円(同0・9%上昇)3カ月連続で上昇し、前年同月比6%前後と高い上昇率を維持している。
 


 

 一方、神戸市では、2223万円(同2・5%下落)と下げて連続上昇が7カ月でストップした。
 大阪市中心区(福島・西・天王寺・浪速・北・中央)は、4635万円(前月比1・5%上昇)となり、前年同月比では10%上昇した。
 中部圏平均は1946万円(前月比1・2%下落)となり、愛知県で2075万円(同1・0%下落)とそれぞれ再び下落した。名古屋市でも2359万円(同1・3%下落)と再び落ち込んだ。名古屋市中心区(中・東・千種)では横ばいの2942万円だった。



※週刊住宅タイムズより

≪ 前へ|賃料減額分を補助 テナント事業を支援   記事一覧   分譲マンション賃料 近畿は大阪築浅けん引|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る