らいばる > RAIVAL 株式会社フレックスヴァリエーションのスタッフブログ記事一覧 > 東京23区マンション賃料、上昇続く

東京23区マンション賃料、上昇続く

≪ 前へ|商業地5年連続・住宅地3年連続上昇   記事一覧   2019年度首都圏中古マンション 成約2年連続で過去最高、7年間で価格40%上昇|次へ ≫
カテゴリ:不動産市況

東京23マンション賃料

新築、中古とも上昇続く

不動研など調査 価格、大型除き上昇







 日本不動産研究所、アットホーム、ケン・コーポレーションは、東京都心5区と23区内のマンション賃料とマンション価格の値動きを示す「住宅マーケットインデックス2019下期」の調査結果を公表した。

 

 

新築、中古(築10年)とも大型(80平方メートル以上)標準(4080平方メートル)小型(40平方メートル未満)に分けて1平方メートル当たり賃料、価格単価を算出した。

 

 

 

【マンション賃料】

都心5区の賃料は、新築・中古とも大型は前期の最高水準と比べてほぼ横ばい傾向。

 

 

標準は新築、中古とも5期連続上昇して最高値となった。

 

 

 

賃料は新築大型が1平方メートル当たり月額6460円(前期比0.1%下落)、標準が4763円(同0.7%上昇)、小型が4574円(同1.2%上昇)だった。

 

 

中古は大型5761円(同0.1%下落)、標準4370円(同0.6%上昇)、小型4315円(同1.2%上昇)となった。

 

 

 

東京23区は新築、中古の全タイプで15年以降緩やかな上昇傾向にある。

 

 

新築は大型が月額5469円(前期比2.2%上昇)、標準が3464円(同1.2%上昇)、小型が3794円(同0.5%上昇)。

 

 

中古が大型4886円(同2.2%上昇)標準3212円(同1.2%上昇)小型3585円(同0.4%上昇)だった。

 

 

 

【マンション価格】

都心5区の新築は大型、標準とも下落したが、五輪選手村となる大型物件の供給が主な要因。

 

 

これを除くと大型・標準とも前期と同水準。

 

 

新築小型は前期の最高値を更新し、中古の全タイプも前期の最高値を更新。

 

 

 

単価は新築が大型109.3万円(前期比43.3%下落)、標準121.2万円(同12.6%下落)、小型148.4万円(同5.0%上昇)。

 

 

中古が大型153.7万円(同2.9%上昇)、標準124.9万円(同3.9%上昇)、小型110.6万円(同2.8%上昇)だった。

 

 

 

東京23区も新築の大型、標準は下落したが、小型は最高値となった。

 

 

 

新築は大型116.5万円(前期比26.1%下落)標準103.0万円(同7.8%下落)小型126.7万円(同8.7%上昇)。

 

 

中古は大型91.7万円(同7.1%下落)標準86.4万円(同4.3%上昇)小型90.7万円(同0.9%下落)だった。

 

 

 

 

 

 

中古マンション価格

東京23都心上昇

東京カンテイ 大阪市中心は続落

 

 

 

 東京カンテイは324日、三大都市圏・主要都市別に2月の中古マンション価格動向を発表した。

 

 

首都圏は3824万円(前月比2.9%上昇)となった。

 

 

 

都県別では、東京都が5103万円(同0.8%上昇)、千葉県が2084万円(同0.8%上昇)、神奈川県も2861万円(同0.5%上昇)となった。

 

 

埼玉県は2255万円(同0.1%下落)だった。

 

 

 

主要都市別では、東京23区で5666万円(前月比0.1%上昇)とほぼ横ばい。

 

 

横浜市が3098万円(同0.9%上昇)、千葉市が1954万円(同1.9%上昇)となり、再び上昇した。

 

 

一方、さいたま市は、2691万円(同0.3%下落)となった。



都心6区(千代田・中央・港・新宿・文京・渋谷)は8203万円(同0.6%上昇)だった。

 

 

周辺地域はマイナスとなり、東京23区内での二極化が鮮明化した。

 

 

 

近畿圏の平均は2441万円(前月比14%上昇)となった。

 

 

大阪府は、2626万円(同12%上昇)と再び上がった。

 

 

前月に最高値を記録した兵庫県は2139万円(同02%下落)だった。

 

 

 

主要都市で見ると、大阪市は3350万円(同06%上昇)となった。

 

 

神戸市は2228万円(同01%上昇)とわずかながら6カ月続伸した。

 


大阪市中心部は4427万円(前月比06%下落)と続落した。

 

 

 

中部圏平均は1925万円(前月比16%下落)となり、愛知県で2082万円(同21%下落)だった。

 

 

圏域の中心ほど下げ幅が大きい。

 

 

名古屋市は、築古事例が増加した影響で2372万円(同25%下落)と4カ月ぶり下落した。

 

 

同市中心は2893万円(同5.1%減)と4カ月ぶりに下落した。

 

 

 

週刊住宅タイムズ より

≪ 前へ|商業地5年連続・住宅地3年連続上昇   記事一覧   2019年度首都圏中古マンション 成約2年連続で過去最高、7年間で価格40%上昇|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る