らいばる > RAIVAL 株式会社フレックスヴァリエーションのスタッフブログ記事一覧 > 小規模オフィス賃料 東京は12年下期以来最高

小規模オフィス賃料 東京は12年下期以来最高

≪ 前へ|2019年首都圏賃貸 成約数4年連続の減少   記事一覧   首都圏2月動向 マンション成約2カ月続伸|次へ ≫
カテゴリ:不動産市況

東京は12年下期以来最高

 

アットホーム 小規模オフィス賃料







 アットホームは33日、同社の不動産情報ネットワークに登録された50坪以下の小規模オフィスの賃料動向(19712月)をまとめた。

 

 

東京とその他主要都市(仙台、横浜、名古屋、大阪、福岡)の募集賃料を調べたところ、東京は2012年下期以来の最高となった。

 

 

超小型の525坪の賃料は坪あたり13026円(前期比5.3%上昇)、小型の2550坪が14702円(同7.1%上昇)だった。

 

 

 

小型の賃料は、浜松町・町田、池袋、品川・五反田・大崎の3エリアで10%を超える大幅な上昇率を示した。

 

 

超小型では全20エリア中19エリアで前期の水準を上回った。

 

 

 

エリア別の賃料トップ5を見ると、超小型と小型とも1位が銀座だった。

 

 

賃料はそれぞれ19268円と22324円だった。

 

 

2位以下は、超小型で原宿・表参道、渋谷、新橋・虎ノ門、恵比寿・目黒・中目黒と続いた。

 

 

賃料水準は15000円台~16000円台となっている。

 

 

小型の2位以下は、渋谷、原宿・表参道、恵比寿・目黒・中目黒、新橋・虎ノ門の順だった。

 

 

賃料水準は16000円台~2万円台だった。

 

 

 

※週刊住宅タイムズ より

≪ 前へ|2019年首都圏賃貸 成約数4年連続の減少   記事一覧   首都圏2月動向 マンション成約2カ月続伸|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る