らいばる > RAIVAL 株式会社フレックスヴァリエーションのスタッフブログ記事一覧 > 中古マンション価格 東京23区小幅続伸

中古マンション価格 東京23区小幅続伸

≪ 前へ|主要都市97%上昇 第4四半期 国交省の地価LOOK    記事一覧   マンション中古価格 首都圏2年連続下落|次へ ≫
カテゴリ:不動産市況
東京カンテイ

3大都市圏中古マンション価格

東京23区小幅続伸

大阪市下落、名古屋市上昇






東京カンテイは、三大都市圏・主要都市別に中古マンション価格の動向をまとめた。

 

 

それによると、首都圏の1月の価格は前月比0.7%下落し、3716万円と3カ月ぶりに落ち込んだ。

 

 

 

 都県別では、東京都で5063万円(同0.6%上昇)と引き続き上がり、埼玉県が2257万円(同0.8%上昇)、千葉県が2067万円(同0.2%上昇)だった。

 

 

神奈川県は2848万円(同1.0%下落)と下げに転じて埼玉と同様に前年同月の水準を下回る状況が続いている。

 

 

 

 主要都市別に見ると、東京23区で5662万円(前月比0.5%上昇)と小幅ながら続伸し、1年前の同じ月との比較では34%の上昇率を維持。

 

 

都心6区(千代田・中央・港・新宿・文京・渋谷)は8154万円(同0.6%上昇)だった。

 

 

 

 対照的に横浜市は3070万円(同2.2%下落)、さいたま市が2698万円(同0.4%下落)、千葉市が1918万円(同0.5%下落)と軒並み下落し、さいたま市は昨年7月以降、前年同月の水準を下回っている。

 

 

 

 近畿圏平均は2408万円(前月比0.3%上昇)となっている。

 

 

大阪府は2594万円(同0.9%下落)と下げた。

 

 

兵庫県は神戸市がけん引し2143万円(同1.3%上昇)と再び上昇して最高値を更新した。

 

 

 

 主要都市別に見ると、大阪市で前月比3.6%下落し、3331万円と下落した。

 

 

神戸市では2225万円(同1.5%上昇)と5カ月連続で上がった。

 

 

大阪市中心部は築古事例が増加から4453万円(同2.4%下落)となり、連続上昇が8カ月でストップした。

 

 

 

 中部圏平均は、1957万円(前月比1.0%上昇)となったが、愛知県は2126万円(同0.1%下落)とほぼ横ばいだった。

 

 

名古屋市は2433万円(同1.4%上昇)と3カ月連続で上昇し、昨年9月に記録した最高値(2439万円)に迫った。

 

 

 

 名古屋市中心は事例の築浅化によって3049万円(同3.9%上昇)ととなり、昨年7月以来の3000万円台の回復となった。

 

 

 

※週刊住宅タイムズ より


≪ 前へ|主要都市97%上昇 第4四半期 国交省の地価LOOK    記事一覧   マンション中古価格 首都圏2年連続下落|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る