らいばる > RAIVAL 株式会社フレックスヴァリエーションのスタッフブログ記事一覧 > 新築マンション 19年発売43年ぶり低水準

新築マンション 19年発売43年ぶり低水準

≪ 前へ|1月分譲賃料 首都圏4カ月ぶり下落   記事一覧   主要都市97%上昇 第4四半期 国交省の地価LOOK |次へ ≫
カテゴリ:不動産市況

19年発売43年ぶり低水準 


不動産経済 新築マンション

 





  

不動産経済研究所は220日、2019年の全国マンション市場動向をまとめた。

 

 

全国の新規発売は7660戸(前年比12%減)と3年ぶりの減少となり、1976年以来の低水準だった。

 

 

首都圏で15.9%、近畿圏で13.9%、東海・中京圏で9.1%減った。

 

 

 

 平均価格は4787万円(前年比0.6%上昇)と3年連続で最高値を更新。

 

 

発売の総額は約33824億円(同11.4%減)となった。

 

 

 

 首都圏の発売戸数は31288戸、近畿圏が18042戸だった。

 

 

首都圏のシェアは44.2%と4年連続で50%を下回った。

 

 

首都圏の平均価格は5980万円(前年比1.9%上昇)、近畿圏が3886万円(同0.6%上昇)だった。

 

 

 

 20年の発売は7万戸を想定している。

 

 

 

 また、首都圏1月発売数は1245戸と前年同月比34.5%減った。

  

 

契約率は63.0%。

 

 

販売価格は8360万円(前年同月比47.9%上昇)だった。

 

 

大型物件の供給が価格を引き上げた。

 

 

2月の発売戸数は1500戸の見込み。

 

 

 

 近畿圏は621戸(前年同月比40.5%減)だった。

 

 

契約率は66.8%。

 

 

販売価格は1戸当たり4299万円。

 

 

1月は1992年記録した548戸以来の低水準だった。

 

 

 

※週刊住宅タイムズ より

≪ 前へ|1月分譲賃料 首都圏4カ月ぶり下落   記事一覧   主要都市97%上昇 第4四半期 国交省の地価LOOK |次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る