らいばる > RAIVAL 株式会社フレックスヴァリエーションのスタッフブログ記事一覧 > 総合は再び下落 不動研住宅指数11月値

総合は再び下落 不動研住宅指数11月値

≪ 前へ|東京市場、今後10年でどう変化   記事一覧   20年首都圏分譲マンション市場|次へ ≫
カテゴリ:不動産市況

総合は再び下落

 

不動研住宅指数11月値

 

 

 

 

 


日本不動産研究所は128日、首都圏中古マンションの値動きを示す「不動研住宅価格指数」(11月値)を公表した。

 

 

20001月を100とした指数。

 

 

 

 首都圏総合は91.55で、前月比0.23%下落した。



6月以降、上昇と下落を繰り返している。

 

 

 

 地域別では東京都100.79(前月比0.85%下落)、神奈川県85.46(同0.57%下落)、千葉県71.39(同1.09%上昇)、埼玉県74.35(同4.39%上昇)と、東京、神奈川が下落し、千葉、埼玉が上昇という対照的な動きとなった。

 

 

 

※週刊住宅タイムズ より

≪ 前へ|東京市場、今後10年でどう変化   記事一覧   20年首都圏分譲マンション市場|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る