らいばる > RAIVAL 株式会社フレックスヴァリエーションのスタッフブログ記事一覧 > 一棟物件7年ぶり価格下落

一棟物件7年ぶり価格下落

≪ 前へ|戸建住宅 成約・価格とも弱含み   記事一覧   都心で最高値を更新 12月の中古価格水準|次へ ≫
カテゴリ:住宅・不動産に関連した税制改正
一棟物件7年ぶり価格下落

19年の個人収益市場

 

 

 




不動産投資と収益物件の情報サイトを運営する健美家(東京都港区、倉内敬一社長)は121日、2019112月期の収益物件マーケット動向をまとめた。

 

 


 同サイトに新規登録された全国の住宅系収益不動産(区分マンション・一棟アパート・一棟マンション)の登録物件とメールで問い合わせのあった物件を調べたところ、1棟モノのマンション・アパートで7年ぶりに価格が下落した。

 

 


 物件別に見ると、区分利回りは7.37%(前年比0.37ポイント下落)となり、価格は1566万円(同142万円増)だった。

 

 

一棟アパートは利回り8.88%(0.03ポイント上昇)で価格が6501万円と1年前に比べ197万円下落。

 

 

一棟マンションも同736万円落ち込んで15161万円で、利回りは8.35%(同0.30ポイント上昇)だった。

 

 

 

※週刊住宅タイムズ より


≪ 前へ|戸建住宅 成約・価格とも弱含み   記事一覧   都心で最高値を更新 12月の中古価格水準|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る