らいばる > RAIVAL 株式会社フレックスヴァリエーションのスタッフブログ記事一覧 > 首都圏10月居住用賃貸マーケット動向

首都圏10月居住用賃貸マーケット動向

≪ 前へ|マンション発売戸数3割減 首都圏10月   記事一覧   国際不動産価格賃料指数 上昇率1位は大阪|次へ ≫
カテゴリ:不動産市況

アットホーム

 

首都圏10月居住用賃貸マーケット動向

 

成約件数は全域2桁減

 

賃料水準もマイナス基調

 

 

 

 

 


アットホームは1125日、賃貸住宅の成約件数・成約賃料の動向をまとめた。

 

 

 

 それによると、首都圏10月の成約数は13111件と前年同月比20.4%減と大幅に下げて11カ月連続のマイナスとなった。

 

 

 

 エリア別で見ると、東京23区の成約件数は5857件(前年同月比23.7%減)、東京都下が1115件(同18.1%減)、神奈川県が3557件(同19.1%減)、埼玉県が1323件(同11.9%減)、千葉県が1259件(同17.8%減)だった。

 

 

 

 すべてのエリアでのマイナスは6カ月連続となり、前月に1桁だったマイナス幅が再び2桁に悪化した。

 

 

 

 ただ、タイプ別に見ると、埼玉県のアパートはわずかなマイナス(0.8%)にとどまり、カップル向きの物件がプラスに転じたことで回復傾向を見せている。

 

 

東京23区の新築マンションは微増(0.6%)ながらプラスを維持し、3カ月連続のプラスとなった。

 

 

 

 1平方メートル当たり賃料指数は、マンションで東京23区、埼玉県、千葉県が前月比プラスとなり、首都圏平均でも3カ月連続のプラスとなった。

 

 

アパートは神奈川県と千葉県がプラスとなり、全体でも4カ月ぶりにプラスに転じた。

 

 

 

 1戸あたり賃料指数の首都圏平均を見ると、マンションは新築が前月比で3カ月ぶりに低下し、中古が同2カ月連続の上昇となった。

 

 

アパートは新築・中古ともに同2カ月連続で上昇した。

 

 

 

※週刊住宅タイムズ より

≪ 前へ|マンション発売戸数3割減 首都圏10月   記事一覧   国際不動産価格賃料指数 上昇率1位は大阪|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る