らいばる > RAIVAL 株式会社フレックスヴァリエーションのスタッフブログ記事一覧 > マンション発売戸数3割減 首都圏10月

マンション発売戸数3割減 首都圏10月

≪ 前へ|中古住宅10月流通動向 成約件数1割強減   記事一覧   首都圏10月居住用賃貸マーケット動向|次へ ≫
カテゴリ:不動産市況
マンション発売戸数3割減

不動産経済研
首都圏10月

契約率42%に沈む






 不動産経済研究所がまとめた10月のマンション発売戸数は前年同月を29.5%下回る2007戸だった。


2カ月連続で前年水準を大きく割り込み、10月としては調査を開始した1973年以来で最低となった。


初月契約率は42.6%と好不調の目安とされる70%を大きく下回った。



 512戸を発売した神奈川県を除く各地区で大きく発売戸数を減らした。


契約率は都区部と都下は3割台に落ち込み、埼玉県は4割台、神奈川県と千葉県が5割台。


週末に首都圏を直撃した台風が影響した。



 1戸当たり平均価格、1平方㍍当たり単価ともに、3カ月連続で上昇した。



 20階建て以上の超高層物件は15物件445戸(前年同月比1.1%増)が売り出しとなり、契約率は25.4%(前年同月は65.0%)だった。



 即日完売は2戸(全体の0.1%)。


翌月繰り越し販売在庫は7000戸で、前月末に比べて220戸増えた。



 11月は、前年同月(3461戸)を上回る3500戸の発売を見込む。



近畿圏

発売28%減も

契約率5割超



 近畿圏2府4県の10月発売戸数は、前年同月を28.4%下回る1271戸だった。


3カ月連続して前年同月を下回った。


初月契約率は前月よりも1.9㌽下がったものの、5カ月連続して70%を超えた。



 ファミリー物件の初回売り出しが大きく減り前年同月比78%だった。



 契約率は大阪市部が7割を超えたほか、123戸の供給があった京都市部は100%だった。



 1戸当たり価格は3カ月連続して低下。


一方で、1平方㍍当たり単価は2カ月連続して上昇した。



 即日完売は1戸(全体の0.1%)だった。



 在庫は1858戸で、前月末に比べて128戸減った。



 11月発売は、前年同月(2585戸)を下回る約1500戸を見込む。



※週刊住宅タイムズ より
≪ 前へ|中古住宅10月流通動向 成約件数1割強減   記事一覧   首都圏10月居住用賃貸マーケット動向|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る