らいばる > RAIVAL 株式会社フレックスヴァリエーションのスタッフブログ記事一覧 > 「収益物件の1年後」 価格下落54.9%

「収益物件の1年後」 価格下落54.9%

≪ 前へ|木造戸建て価格 都区部4か月ぶり上昇   記事一覧   分譲賃料調べ 23区上昇で最高値|次へ ≫
カテゴリ:不動産市況
健美家調べ

「収益物件の1年後」

価格下落54.9%

強気姿勢も一定数存在






 収益物件情報サイトを運営する健美家(東京都港区、倉内敬一社長)は11月12日、同サイトの会員を対象に「不動産投資に関する意識調査」を実施した。



 価格上昇した物件を調査したところ、1年後の価格見通しは54.9%が「価格は下降している」と回答した。


「価格は上昇している」は16.0%にとどまった。


価格下落の主な理由は「融資の引き締めが続く」「景気が悪化している」だった。



 価格上昇と回答した主な理由としては「二極化が進み、都市部や駅近物件は価格が高まる」「東京はオリンピック以降も開発計画が続き価格が上がる」だった。


「価格の変動はない」(29.1%)を含めると強含みの見方も一定数を占めている。



※週刊住宅タイムズ より
≪ 前へ|木造戸建て価格 都区部4か月ぶり上昇   記事一覧   分譲賃料調べ 23区上昇で最高値|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る