らいばる > RAIVAL 株式会社フレックスヴァリエーションのスタッフブログ記事一覧 > 基準地価 大型取引地価上昇けん引 大阪圏

基準地価 大型取引地価上昇けん引 大阪圏

≪ 前へ|地方4市の商業地 12年ぶり2桁上昇   記事一覧   ビル空室率低下が更新 東京・大阪1%切り|次へ ≫
カテゴリ:不動産市況

基準地価 大型取引、地価上昇けん引

 

大阪圏



外資、リートに勢い 



品不足感で一服感も


 


 


 

 地方の大都市圏でも地価が強含んでいる。

 

 

大阪圏の商業地は大阪市で13.1%(前年8.4%)上昇した。

 

 

下落が続く旭区や東住吉区と横ばいの此花区、大正区、西淀川区を除いた19区で上がった。

 

 

とりわけ訪日客需要がおう盛な心斎橋・なんば地区がけん引している。

 

 

大阪圏の最高価格は、昨年に続き心斎橋・なんば地区の「住友商事心斎橋ビル」で1平方メートル当たり2440万円(45.2%上昇)と昨年の18.3%から急上昇。

 

 

大阪市内で大型の商業用不動産の取引が相次いだためだ。

 

 

 

 不動産サービス大手のJLLキャピタルマーケット事業部ディレクターの秋山祐子氏は「外資の席巻によるものだ。外資は国単位で投資判断を下しているわけではなく、個々の国に所在する都市を比較して資金投下する。大阪繁華街のキタとミナミの回遊性の高い街並みに対する評価が高い」と説明する。

 

 

 

 心斎橋エリアは外国人観光客を中心ににぎわい、ドラッグストアをはじめとする出店需要が依然として強い。

 

 

住友商事心斎橋ビルは、日本の不動産を運用するシンガポール上場リート、ブラックストーングループと外資の手を渡り今年4月に住友商事が208億円で購入。

 

 

「武田御堂筋ビル」はグリーンオークが武田製薬系列の不動産会社から今年1月に270億円ほどで買い付けた。

 

 

 

 ここ数年、アンジェロゴードンやエリオットアドバイザーズ、ローンスターファンズなど外資が活発だが、最近は日本のリート勢も大型物件の取引で存在感を出し、品不足感が高まっている。

 

 

 

 昨年トップの座を明け渡した梅田エリアも人を引きつける。

 

 

JR大阪駅・阪急梅田駅周辺では、オフィス需要がひっ迫し、賃料が上昇傾向だ。

 

 

ホテル・マンション需要がおう盛な西区や福島区に加え、淀川区も新大阪駅周辺需要としてオフィス・ホテル需要が注目され高い上昇率を示した。

 

 

 

 JLLでは、25年大阪・関西万博や統合型リゾート(IR)の誘致に注力する湾岸エリアのほか、都市インフラ整備計画地など投資マーケットが面的な拡がりを見せていくと今後を予測する。

 

 

 

 一方、大阪圏の住宅地を見ると、大阪市内は1.0%(前年0.6%)上昇を維持し、昨年に比べて上昇幅を拡大した地域が多かった。

 

 

堺市は1.6%上昇と前年より0.5ポイント拡大。

 

 

仲介現場からは、「価格の上昇を受けて住宅の成約数が伸び悩んでいる。駅から遠いなど利便性の劣るエリアの物件の価格に下落傾向が見られる」や「価格の上昇気配はなくなってきたが、下がらなくもなっている」とまだら模様。

 

 

奈良や滋賀は大阪のベッドタウンとして人気を集めてきたが需要が減り、都心部から離れたエリアは厳しいとの声も少なくない。

 

 

実需は底堅いが二極化が進んでいるとの認識で一致している。

 

 

 

 大阪市内の福屋ホールディングスでは「投資家やインバウンド需要が増えて一般客が買いづらい市況は避けたい」(枇榔巧社長)と訴える。

 

 

 

 新築マンション価格も高止まっている。

 

 

大和ハウス工業は、来年3月完成の「プレミスト梅田」(総戸数127戸)は坪単価373万円、「プレミストタワー大阪上本町」(同120戸)は305万円という。

 

 

同社の近畿圏新築マーケットの実感値としては「上昇傾向を維持している」である。

 

 

 

上昇率全国6

 

名古屋市の住宅地

 

 

 

 名古屋圏は、名古屋市の商業地で7.5%(前年6.5%)、住宅地で2.1%(前年1.6%)とそれぞれ上昇した。

 

 

 

 名古屋駅周辺のオフィス需給のひっ迫に伴い賃料も上昇し、伏見・丸の内・金山地区などに波及している。

 

 

店舗やホテルの観光需要に加え、マンション需要が競合するなどで中区、中村区、東区、熱田区などで高い上昇率を見せている。

 

 

 

 名古屋市内の住宅地を見ると、上昇率で全国6位、名古屋圏1位の中区錦1丁目は25.4%上昇した。

 

 

地元の不動産会社などは、適性水準で売買される健全なマーケットを維持しているという。

 

 

 

 職住近接のニーズや地下鉄徒歩圏のマンション素地や昨年9月に開業した大型商業施設により利便性が高まったことも地価を押し上げる。

 

 

 

※週刊住宅タイムズ より

≪ 前へ|地方4市の商業地 12年ぶり2桁上昇   記事一覧   ビル空室率低下が更新 東京・大阪1%切り|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る