らいばる > RAIVAL 株式会社フレックスヴァリエーションのスタッフブログ記事一覧 > 検討者調査 戸建て派7割、過去最高に

検討者調査 戸建て派7割、過去最高に

≪ 前へ|4~6月期動向 マンション成約過去最高   記事一覧   発売13%減 1992年以来の低水準|次へ ≫
カテゴリ:不動産市況

「住宅購入・建築検討者調査」


戸建て派7割、過去最高に


リクルート

調   べ


 新築、中古並行検討も

 

 

 

リクルート住まいカンパニーは、「住宅購入・建築検討者調査」を行った。

 

 

住宅の購入・建築を検討している人を対象に、検討にあたって検討する物件の種別、検討にあたって重視する条件などを把握する事を目的に実施。

 

 

過去3カ月以内に住宅購入検討のための行動を行った人の割合は、全体の9.1%と過去最高となった。

 

 

 

購入検討状況は「新規購入」が61.2%、

 

 

次いで「買い替え」が29.3%だった。

 

 

 「買い替え」が前年より6㌽増加した。

 

 

複数種別の並行検討が増えており、特に「中古マンション」と「新築分譲マンション」の並行検討が高いのが特徴となった。

 

 

戸建て派は69.3%と調査開始以来最高となり、マンション派は、21.4%で2014年以来減少が続いて過去最低に。

 

 

 

戸建てメーンに検討する人は「駅からの距離」よりも「耐震性能」「エコ性能(断熱性・気密性)」を重視する。

 

 

マンションメーン検討者は、すべての比較項目において「駅からの距離」の優先度が高い。

 

 

 

男性は女性に比べて「駅からの距離」を優先する傾向が強い。

 

 

「耐震性能」を優先する割合は女性が男性より17㌽も高かった。

 

 

 

DIYの認知度は98.4%4年連続で上昇し過去最高値となり、関心度も60%超をキープしている。

 

 

住宅ローン控除の内容認知率は64.3%だった。

 

 

 

長期優良住宅の内容認知率は53.4%。

 

 

安心R住宅は32.9%、インスペクション(建物状況調査)は34.7%。

 

 

リバースモーゲージは41.8%となった。

 

 

 

※週刊住宅タイムズ より

≪ 前へ|4~6月期動向 マンション成約過去最高   記事一覧   発売13%減 1992年以来の低水準|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る