らいばる > RAIVAL 株式会社フレックスヴァリエーションのスタッフブログ記事一覧 > 民泊新法1年、理解進まず

民泊新法1年、理解進まず

≪ 前へ|全国全用途平均上昇続く 東京区部は2%余   記事一覧   首都圏5月動向 在庫は48カ月増加|次へ ≫
カテゴリ:不動産市況
リビン・テクノロジーズ調べ

空き家活用で一定の理解も

民泊新法1年、理解進まず



不動産関連の比較査定サイト「リビンマッチ」を運営するリビン・テクノロジーズ(東京都中央区、川合大無社長)は、6月15日に住宅宿泊事業法(民泊新法)施行から1年が経過することを受けて民泊に関する意識調査を実施した。



同サイトを利用した40歳以上の男女469人を対象に調べたところ民泊認知度は90.0%に達した一方で、「民泊サイトで知っているものはない」が80.8%に上った。



民泊を「利用したことがある」を年代別に見ると、40代(2.4%)、50代(1.1%)、60代以上(2.4%)とほぼ利用していないことがわかった。


今後「民泊を利用したくない」(57.1%)との回答は6割近くに上る。



「知っている民泊サイト」は、民泊新法前に話題になったAirbnbでさえ1割程度の認知度にとどまった。


民泊制度の「賛成」は40代~60代いずれも2割を切っているが、「反対」もすべての年代で1割以下となっている。



ただ、「賛成」と「どちらかと言うと賛成」と回答した人にその理由を聞いたところ、どの年代も「空き家利用の活用ができる」が最も多く、空き家活用での民泊制度「賛成」は63.8%となった。


「宿泊施設不足の解消になる」もどの年代も40%台を占めた。



「反対」と「どちらかと言うと反対」と回答した人は、「犯罪に利用されたら困る」が最も多かった。


50代と60代以上で50%台、40代では72%に達した。



「機会があれば民泊を経営したいか?」では、すべての年代ともに「経営したくない」(40代82.1%、50代79.8%、60代以上87.0%)が圧倒的だった。



※週刊住宅タイムズ より
≪ 前へ|全国全用途平均上昇続く 東京区部は2%余   記事一覧   首都圏5月動向 在庫は48カ月増加|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る