らいばる > RAIVAL 株式会社フレックスヴァリエーションのスタッフブログ記事一覧 > 新築マンション価格、20年以降微減に

新築マンション価格、20年以降微減に

≪ 前へ|住宅着工4月分譲減速、9カ月ぶり前年割れ   記事一覧   住宅・不動産業、営業態勢各社で微妙な変化|次へ ≫
カテゴリ:不動産市況
価格、20年以降微減に

不動研、東京23区新築マンション中期予測



日本不動産研究所はこのほど、「東京23区のマンション価格と賃料の中期予測(2019上期)を公表した。


アットホームとケン・コーポレーションの事例データを基に同研究所が分析している住宅マーケットインデックスを活用して予測した。



それによると、新築マンション価格は「19年にやや上昇し、20年はほぼ横ばい。以降25年まで微減する」。


一方、新築マンション賃料は「20年まで上昇し、21年以降、25年まで微増で推移する」とした。



具体的に新築・標準タイプ(専有面積40~80平方㍍)で見ると、マンション価格は18年が1平方㍍当たり106.1万円と前年比7.3%も上昇したが、19年は10月の消費増税で上昇幅は縮小し、106.5万円(前年比0.4%上昇)にとどまる。



20年はほぼ横ばいの106.4万円(同0.1%下落)となった後、微減が続き、25年は102.4万円と見込んだ。



マンション賃料は18年が1平方㍍当たり月額3397円(前年比2.3%上昇)だったが、19年は3470円(同2.2%上昇)と同程度上昇。


20年も3515円(同1.3%上昇)と雇用者報酬や消費者物価などの動きを背景に上昇し、21年以降も微増が続く。



25年は3552円と予測している。



※週刊住宅タイムズ より
≪ 前へ|住宅着工4月分譲減速、9カ月ぶり前年割れ   記事一覧   住宅・不動産業、営業態勢各社で微妙な変化|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る