らいばる > RAIVAL 株式会社フレックスヴァリエーションのスタッフブログ記事一覧 > 住み替えるならどっち? 購入派が7割

住み替えるならどっち? 購入派が7割

≪ 前へ|健美家調べ 4月は利回り上昇傾向   記事一覧   中古戸建て価格 主要都市で総じて下落|次へ ≫
カテゴリ:不動産市況
購入派が7割、資産性に軍配

リビンマッチ調べ

住み替えるならどっち?



不動産関連の比較査定サイト「リビンマッチ」を運営するリビン・テクノロジーズ(東京都中央区、川合大無社長)は、同サイトの利用者で自宅を所有している20歳以上の男女358人を対象に「住み替えるなら購入か賃貸か」を調査したところ、自宅所有者の68.7%が住み替えるなら「次も購入がいい」と回答した。


住み替えで賃貸を選択する人は、31.3%にとどまった。



その理由として「自分の資産になる」(44.7%)が最も多かった。


「家賃を払うのがもったいない」「子どもに残せる」(共に37.4%)、「満足感や安心感が得られる」(27.2%)、「ペットを飼える」(19.9%)、「社会的信用を得られる」(8.5%)が続いた。



住まいのタイプで見ると、「戸建て」(80.2%)が圧倒的に多く、「集合住宅」(19.8%)が2割程度だった。



一方、賃貸派の理由としては、「家のメンテナンスが不要」(57.1%)、「固定資産税の支払いがない」(50.9%)が半数以上を占めた。


「ライフスタイルに合わせた住み替えが可能」(38.4%)、「ローンがないので破綻リスクがない」(33.0%)などのほかに、「地価の変動や災害による不動産価値への不安がない」(12.5%)などがあった。


「高齢なのでローンが組めない」「購入したものは収益物件で、自宅は賃貸」といった回答もあった。



※週刊住宅タイムズ より
≪ 前へ|健美家調べ 4月は利回り上昇傾向   記事一覧   中古戸建て価格 主要都市で総じて下落|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る