らいばる > RAIVAL 株式会社フレックスヴァリエーションのスタッフブログ記事一覧 > 住宅着工18年度2年ぶり増加の95万戸

住宅着工18年度2年ぶり増加の95万戸

≪ 前へ|中古マンション価格都区内で頭打ち感強まる   記事一覧   中古マンション成約数、過去最高|次へ ≫
カテゴリ:不動産市況
住宅着工

18年度

2年ぶり増加の95万戸

分譲がけん引、貸家は減少






国土交通省がまとめた2018年度の新設住宅着工戸数は、前年度を0.7%上回る95万2936戸だった。



増加は2年ぶり。


新設住宅着工床面積は7657.3万平方㍍で、こちらも1%前年を上回った。



持家、分譲住宅が2年ぶりに増加した。


3年ぶりに増加したマンションが7.5%増と大きく伸びるなど分譲住宅の伸びをけん引した。


戸建ては4年連続で前年水準を超えた。



持家は2.0%の増加だった。



貸家は、4.9%少ない39万93戸で、2年連続の減少となった。



地域別では、首都圏は0.1%の微減。


分譲住宅と持家が伸びたが、貸家の減少をカバーできなかった。



近畿圏は分譲住宅が17.7%と大きく伸び、持家、貸家も増え、全体では6.6%の増加。


中部圏も同様に、分譲住宅がけん引し全体で6.0%伸びた。



その他地域は貸家の減少が大きく、全体で2.3%減だった。



建築工法別ではプレハブ、ツーバイフォーともに2年連続して前年を下回った。



3月の住宅着工

前年を10%上回る



3月の新設住宅着工戸数は7万6558戸で前年同月を10.0%上回った。


季節変動を考慮して年率戸数に換算すると98.9万戸と高い水準だった。



前年同月を上回るのは4カ月連続。


持家が6カ月連続、分譲住宅が8カ月連続して増えた。


特にマンションは69.5%増の高い伸びだった。



一方で、貸家が7カ月連続して減少した。



建築工法別ではプレハブ、ツーバイフォーともに2カ月連続して前年を上回った。



※週刊住宅タイムズ より
≪ 前へ|中古マンション価格都区内で頭打ち感強まる   記事一覧   中古マンション成約数、過去最高|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る