らいばる > RAIVAL 株式会社フレックスヴァリエーションのスタッフブログ記事一覧 > 住宅地、値上がり地点減少

住宅地、値上がり地点減少

≪ 前へ|東京カンテイ 中古戸建て価格動向   記事一覧   一棟マンション・アパートの価格が下落|次へ ≫
カテゴリ:不動産市況

住宅地、値上がり地点減少


首都圏1~3月期


野村不アーバン




野村不動産アーバンネットは4月1日時点の「住宅地価格動向」の調査結果をまとめた。




同社仲介店舗の影響エリアで地点をピックアップし、通常取引を想定して実勢価格を定期的に査定している。



調査地点数168。



それによると、1~3月期の首都圏平均でマイナス0.04%、前回1月の調査時でもマイナス0.04%だった。



「値上がり」を示した地点が2.4%(前回4.2%)、「横ばい」地点が92.3%(同91.1%)、「値下がり」地点が5.4%(同4.8%)と値上がり地点が減少した。



年間ベースの住宅地価格では、首都圏平均で0.3%(前回0.4%)の変動率だった。




「値上がり」地点は19.0%(前回22.0%)、「横ばい」が71.4%(同68.5%)、「値下がり」が9.5%(同9.5%)」となった。





※週刊住宅タイムズ   より

≪ 前へ|東京カンテイ 中古戸建て価格動向   記事一覧   一棟マンション・アパートの価格が下落|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る