らいばる > RAIVAL 株式会社フレックスヴァリエーションのスタッフブログ記事一覧 > 中古戸建て1月価格

中古戸建て1月価格

≪ 前へ|既存住宅流通量を推計   記事一覧   全国1月 区分は連続上昇|次へ ≫
カテゴリ:不動産市況
首都圏安定、川崎26%上昇
東京カンテイ調査 中古戸建て1月価格
大阪市は2ケタ下落


東京カンテイは、主要一都市圏・主要都市別に木造の中古戸建住宅の価格動向をまとめた。
首都圏の1月は平均価格が前月比2.6%上昇し3711万円と2カ月続けて上がった。


都県別でみると、東京都は5660万円(同2.3%下落)と6ヶ月ぶりに反落となった。
神奈川県は4099万円(同7.4%上昇)と3ヶ月ぶりに反転した。
千葉県では2214万円(同2.1%上昇)と3カ月連続で上がり、
埼玉県も2547万円(同2.9%上昇)と2カ月連続で上昇した。


東京都が半年ぶりに下落に転じたものの、首都圏全体として強含んだ。
東京23区は8575万円(同3.0%下落)と2カ月連続で落ち込み、
都下も同2.4%下落の4071万円となった。
一方、横浜市は4745万円(同7.3%上昇)となり、
川崎市では同26.2%と大幅上昇して5427万円だった。


千葉市も2586万円(同3.4%上昇)で2ヶ月連続で上がった。
相模原市は2843万円(同12.4%下落)と2桁落ち込んで2ヶ月連続の下落となった。
さいたま市でも3307万円(同5.0%下落)と弱含んだ。


近畿圏(2府4県)の平均価格は、前の月と比べて2.8%上昇して2607万円と反転した。
主要府県でみると、
大阪府は2648万円(2.3%上昇)と3ヶ月ぶり上がった。
兵庫県は2624万円(同0.3%下落)と2カ月連続で下げて水準的にはそれほど変わっていない。


京都府は大幅に反転して3701万円(同8.8%上昇)だった。
一方大阪市では、前の月に比べて10.8%と大きく下げて3810万円となった。
これは12月に23.3%の大幅上昇だった反動が出たとする。


堺市では2738万円(同4.8%下落)と2カ月続けて落ち込んだ。
神戸市も弱含み2858万円(同1.8%減)となった。
京都市は5393万円(同3.7%上昇)と2ヶ月続けて上昇し、4カ月連続で5000万円台を維持している。


愛知県の平均価格は3003万円(前月比1.3%下落)となり、
中部圏(4県)全体では同3.8%上昇して2426万円となった。


主要都市を見ると
名古屋市は3757万円(同9.0%下落)と大幅に下げており、
11月以降価格が大きく変動。
今後の傾向に注目する必要があるとしている。



※週間住宅タイムズ  抜粋



≪ 前へ|既存住宅流通量を推計   記事一覧   全国1月 区分は連続上昇|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る