らいばる > RAIVAL 株式会社フレックスヴァリエーションのスタッフブログ記事一覧 > マンション価格6年で35%アップ

マンション価格6年で35%アップ

≪ 前へ|首都圏で上昇率鈍化   記事一覧   一棟マンション利回り低下に歯止め|次へ ≫
カテゴリ:不動産市況
東日本レインズ
2018年不動産流通動向
3年連続3.7万件台
マンション価格6年で35%アップ


東日本不動産流通機構(=東日本レインズ、瀬川信義理事長)は、2018年1~12月の不動産流通市場の首都圏動向をまとめた。


それによると、中古マンションは、成約件数が4年ぶりに前年を下回ったものの3年連続で3万7000件台の高水準をキープし、3万7217件(前年比0.3%減)だった。
東京都と千葉県で前年を下回った。


1平方メートル当たりの単価は6年連続で上昇しており、この6年間で35.1%上昇した。
成約価格も3333万円(同4.3%上昇)と6年連続であがり3300万円台となった。
全ての都県・地域で上がった。
3000万円を超える価格帯と成約件数がともに拡大した。


専有面積は約65平方メートルと2年連続で拡大し、築年数は21・00年(前年20・70年)と経年化が進んだ。


新規登録件数は2年ぶりに前年を上回って過去最高の20万6901件(同6.7%増)となり、価格は成約価格・単価ともに5年連続で上昇した。
20万件を上回ったのは初めて。


中古戸建住宅では、成約件数が1万2718件(前年比0.2%減)とわずかに減少して2年連続で前年を下回った。
多摩地域と埼玉県を除くエリアで前年を上回った。


成約物件価格は3142万円(同2.3%上昇)と4年連続で上昇した。
新規登録件数(6万7207件)は前年比で8.1%増加し、2年連続で前年を上回ったものの価格は3849万円(同0.1%下落)となり3年ぶりに落ち込んだ。


新築戸建住宅をみると、成約件数は4年ぶりに前年を下回るとともに、成約価格も3年ぶりに落ち込んだ。

土地は、成約件数は前年を上回り、成約物件も単価と成約価格はともに3年連続で上がった。



※週間住宅タイムズ  抜粋


≪ 前へ|首都圏で上昇率鈍化   記事一覧   一棟マンション利回り低下に歯止め|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る