らいばる > RAIVAL 株式会社フレックスヴァリエーションのスタッフブログ記事一覧 > 中古マンション 首都圏・近畿圏で最高値

中古マンション 首都圏・近畿圏で最高値

≪ 前へ|新築戸建て過去最高値   記事一覧   19年予測 供給は前年並み|次へ ≫
カテゴリ:不動産市況
中古マンション価格
首都圏・近畿圏で最高値
東京都心も2ヶ月連続上昇



東京カンテイはこのほど、三大都市圏主要都市の中古マンション価格をまとめた。
直近11月を見ると、
首都圏は、東京都や神奈川県での事例シェアが拡大したことで前月比2.3%上昇し、3710万円と3カ月ぶりに上がり年初来の最高値を更新した。


都県別では
東京都が4946万円(同1.4%上昇)をはじめ、
神奈川県で2922万円(同1.7%上昇)
埼玉県で2310万円(同1.4%上昇)だった。
一方、千葉県では20055万円(同0.5%下落)と弱含みとなった。


主要都市東京23区では、5438万円(同0.7%上昇)と引き続き上昇し、8月に記録した最高値(5406万円)を30万円ほど上回った。


都心6区(千代田・中央・港・新宿・文京・渋谷)でも7556万円(同0.2%上昇)と引き続き上向いたものの、8月に記録した最高値(7569万円)には達しなかった。


横浜市(3098万円)やさいたま市(2776万円)でもプラスとなったが、千葉市では平均築年数がやや進んだこともあり、1766万円(同0.7%下落)と下げた。


近畿圏の平均は前月比1.5%上昇し、2253万円と再び上昇して最高値を更新した。
大阪府は2446万円(同0.6%上昇)と7月以降の上昇を維持。
兵庫県では神戸市の他にも阪神エリアに位置する芦屋市や西宮市などで価格水準が押しあがり、県平均は同2.1%の1944万円と2000万円の大台に迫っている。


主要都市別にみると、
大阪市で前月比0.7%上昇し、3115万円と5ヶ月連続であがった。
過去3カ月を見ても7~8%と高い上昇水準となった。


神戸市でも1940万円(同1.6%上昇)と再び上がり9月の価格水準を上回った。
大阪市中心6区(福島・西・天王寺・浪速・北・中央)は4000万円を上回った8月以降頭打ち感が強まっている。
4029万円と前月比横ばい。


中部圏平均は1868万円(前月比1.6%上昇)と再び上がり、愛知県で2026万円(同1.4%上昇)と2000万円を突破。
名古屋市では2357万円(同0.6%上昇)と3カ月連続で上昇した。



※週間住宅タイムズ  抜粋



≪ 前へ|新築戸建て過去最高値   記事一覧   19年予測 供給は前年並み|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る