らいばる > RAIVAL 株式会社フレックスヴァリエーションのスタッフブログ記事一覧 > 収益マンション 都心中古3割現金購入

収益マンション 都心中古3割現金購入

≪ 前へ|賃貸住宅 成約数は5か月連続減   記事一覧   石破会長 業界要望も採択|次へ ≫
カテゴリ:不動産市況
日本財託グループ 投資家実態調査
8割弱がローン活用
都心中古では3割が現金購入



収益マンションの販売・管理を手掛ける日本財託グループ(東京都新宿区、重吉勉社長)は11月29日、「投資用不動産ローン購入実態調査」をまとめた。


2018年9月までの1年間に収益物件を購入した902人・1406戸のローン状況を分析したところ、約4分の3(76%)の物件がローンを活用して購入していたことがわかった。


現金で購入した割合は1200万円前後までの物件と、2400万円以上の物件で、
比較的高く二極化している。


同社の提携金融機関を通じたローンの頭金は平均135万円となり、購入価格に占める頭金の割合は平均7%だった。


現金購入が多い価格帯は二極化している。
同社が取り扱う都心の中古ワンルームは、1200万円までと2400万円以上の物件では約3割が現金購入していた。


前者はサラリーマン層、後者が資産管理法人や相続対策を目的とした購入だった。


※週刊住宅タイムズ  抜粋



≪ 前へ|賃貸住宅 成約数は5か月連続減   記事一覧   石破会長 業界要望も採択|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る