らいばる > RAIVAL 株式会社フレックスヴァリエーションのスタッフブログ記事一覧 > 新築分譲マンション 江東など7区で15~25%上昇

新築分譲マンション 江東など7区で15~25%上昇

≪ 前へ|収益物件 価格が下落傾向に   記事一覧   住まい環境「コンビニ」重宝|次へ ≫
カテゴリ:不動産市況
【マーキュリー調べ 東京23区新築分譲マンション価格】
江東など7区で15~25%上昇
中央区が最大下落幅1649万円



不動産情報サービスのマーキュリー(東京都新宿区、陣隆浩社長)は10月11日、東京23区内の新築分譲マンションの最新動向を9月速報として発表した。


それによると、平均価格が最も高いのが港区で1億7300万円と前年の同じ時期に比べて5514万円上がった。


2位は、千代田区の1億975万円(同4780万円上昇)
3位が渋谷区の1億4002万円(同1961万円上昇)となった。
上位3区が億に達した。


4位は新宿区の8001万円(同1563万円上昇)
5位に目黒区が7634万円(同1506万円)で上位5区にランクインした。


価格が上昇したのは、上位5区のほか江東区、世田谷区、中野区、台東区、墨田区、江戸川区を含めて13区となった。
上昇組は、江東区や目黒区など7区で平均価格が15~25%上昇している。
葛飾区と豊島区は前年同月比との比較なし。


一方、前年との比較ができた中で最も価格が落ち込んだのが中央区の7033万円(前年同月比1649万円下落)となり、
次いで杉並区の6501万円(同1606万円下落)

板橋区の4208万円(同1572万円下落)
練馬区の3743万円(同1455万円下落)
荒川区の3876万円(同1328万円下落)と5区が1000万円超の下落となった。



※週刊住宅タイムズ  抜粋

≪ 前へ|収益物件 価格が下落傾向に   記事一覧   住まい環境「コンビニ」重宝|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る