らいばる > RAIVAL 株式会社フレックスヴァリエーションのスタッフブログ記事一覧 > マンション価格69ヵ月上昇

マンション価格69ヵ月上昇

≪ 前へ|住まい環境「コンビニ」重宝   記事一覧   三大都市圏9月市況|次へ ≫
カテゴリ:不動産市況
東日本レインズ
マンション価格69ヵ月上昇
首都圏9月流通動向
在庫数も40ヵ月増加



東日本不動産流通機構(東日本レインズ、瀬川信義理事長)は、
9月の不動産流通動向をまとめた。


首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)を見ると、中古マンションは成約件数が3244件と1年前の同じ時期と比べて0.7%増えた。
ほぼ横ばいながらも2か月連続で増加となった。


成約価格も同2.0%上昇し、3292万円、1平方メートル当たりの単価も1.4%上昇してともに69ヵ月連続で前年同月を上回った。
都区部では72ヵ月続けて上昇している。


エリア別に成約数をみると、
都区部は1358件(同0.8%減)となり、
多摩も同0.6%減少し315件だった。

横浜・川崎市は548件(同3.7%減)
神奈川県他は同10.5%増えて416件となった。
埼玉県は365件(同2.1%減)
千葉県では同10.9%増加し416件だった。


在庫件数は、首都圏全体で4万6701件と前の年に比べて6.5%増加した。
40か月連続で1年前の水準を上回る状態が続いており、売り主と買い主の目線の違いが縮まらずに在庫が積みあがっている。


新規登録件数も13ヵ月連続で増えて1万7323件(前年比2.5%増)、前月比では9.9%と2ケタに迫る増加だった。



成約価格13か月ぶり下落
中古戸建住宅

中古の戸建住宅では、
成約件数が1090件(前年同月比0.3%増)となり、成約価格は同2.3%下落して3044万円となった。
価格は17年8月以来13か月ぶりに1年前の水準を下回った。


地域別の成約数は、東京区部が173件と前年同月比9.9%減少し、
多摩が147件で同9.8%減った。
それぞれ4ヵ月、6か月と連続で前年同月を下回った。


一方、横浜・川崎市は175件(前年比8.7%増)、
神奈川県他では同16.1%と大幅に増えて159件だった。

埼玉県の成約は204件(同0.5%減)
千葉県が232件(同1.3%増)だった。


在庫件数は2万238件と前年比10.6%増えて16ヵ月連続で1年前の水準を上回った。
前月比も2.5%増加した。



※週刊住宅タイムズ  抜粋


≪ 前へ|住まい環境「コンビニ」重宝   記事一覧   三大都市圏9月市況|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る