らいばる > RAIVAL 株式会社フレックスヴァリエーションのスタッフブログ記事一覧 > 23区賃貸住宅の中期予想

23区賃貸住宅の中期予想

≪ 前へ|住みたい街ランキング 1位「吉祥寺」14回連続   記事一覧   住宅着工 持家、貸家、分譲とも増加|次へ ≫
カテゴリ:不動産市況
日本不動産研究所
価格20年2.3%下落
23区賃貸住宅の中期予測


日本不動産研究所は9月27日、住宅マーケットインデックスを活用して東京23区のマンション価格と賃料の2025年までの中期予測を発表した。


新築・標準タイプ(専有面積40~80平方メートル未満)のマンション価格と賃料を予測したところ、価格は18年に2.1%プラスで推移し、
19年には10月に実施予定の消費税引き上げの影響を受けて微減(0.1%マイナス)すると予測。


20年には増税の影響が本格化し、2.3%落ち込み、翌21年以降に微減と見通した。
賃料については、18年に2.0%上昇し、
19年も1.9%、20年に1.2%と上向きを予測した。


雇用者報酬や消費者物価などの動向を背景に上昇する。
21年以降はマクロ経済が安定的に推移することで横ばいを想定している。



※週刊住宅タイムズ  抜粋
≪ 前へ|住みたい街ランキング 1位「吉祥寺」14回連続   記事一覧   住宅着工 持家、貸家、分譲とも増加|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る