らいばる > RAIVAL 株式会社フレックスヴァリエーションのスタッフブログ記事一覧 > 分譲住宅マンション賃料 東京カンテイ調べ

分譲住宅マンション賃料 東京カンテイ調べ

≪ 前へ|成約数2か月連続マイナス   記事一覧   8月の物件価格 区分は半年ぶり上昇|次へ ≫
カテゴリ:不動産市況
〈分譲住宅マンション 東京カンテイ調べ〉
三大都市圏で依然弱含み
千葉県は4.0%大幅上昇に



東京カンテイはこのほど、三大都市圏・主要都市別に分譲賃貸マンション賃料月別推移をまとめた。


7月は、首都圏の平均が1平方メートル当たり2746円(前月比0.1%上昇)でほぼ横ばい。
都県別で見ると
東京都が3297円(同0.3%下落)して3か月連続のマイナス。
神奈川県でも2122円(同1.2%下落)と4月以降から下落傾向となっている。


一方、埼玉県が1630円(同0.4%上昇)、千葉県が1588円(同3.0%上昇)とプラスだった。
特に千葉では、千葉市や浦安市の大半で平均の築年数が若返ったことが要因だ。
主要都市では、東京23区が3481円(同0.1%下落)とほぼ横ばいとなり、横浜市が2194件(同1.3%下落)と5か月連続の下落となった。


さいたま市は、平均築年数が進んでいるものの1814円(同0.2%上昇)と1800円台をキープしている。
千葉市は1541円(同4.0%上昇)と大幅にプラスだった。


近畿圏では、主要エリアがそろってマイナスとなって平均賃料が1823円(前月比0.7%下落)と5か月続けて落ち込んだ。

大阪府は大阪市や隣接する豊中市で築古物件からの事例が増えたことで2138円(同1.0%下落)と続落した。
兵庫県も神戸市が大きく下げた影響を受けて1612円(同1.6%下落)と下落トレンドが続いている。

大阪市は2463円(同1.0%下落)で引き続き落ち込み
神戸市が1724円(同2.9%下落)と賃料水準を下げた。


中部圏の平均は、1747円で前月比0.4%上昇し、
愛知県では1786円(同0.3%上昇)と4か月ぶりにプラスに転じた。

名古屋市は3月に2000円台に迫ったものの、1911円(同0.5%下落)となり下落に歯止めがかかっていない。



※週刊住宅タイムズ 抜粋



≪ 前へ|成約数2か月連続マイナス   記事一覧   8月の物件価格 区分は半年ぶり上昇|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る