らいばる > RAIVAL 株式会社フレックスヴァリエーションのスタッフブログ記事一覧 > 首都圏中古マンション価格 登録物件は上昇、成約が下落

首都圏中古マンション価格 登録物件は上昇、成約が下落

≪ 前へ|成約数は全エリア減少   記事一覧   売れる物件にシフト 資産価値偏重の指摘も|次へ ≫
カテゴリ:不動産市況
登録物件は上昇、成約が下落
アットホーム、首都圏
中古マンション価格
23区30か月連続プラス



アットホームは7月26日、
首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)の中古マンション価格動向をまとめた。

6月の首都圏を見ると、中古マンション登録価格の平均は1戸当たり2969万円で、前月比2.4%上昇し再びプラスに転じた。
1年前との比較では、11.1%と2桁上昇し4か月連続のプラスとなった。


成約価格の平均は1戸当たり2547万円と前の月に比べて4.0%下落し3か月続けてマイナス。
神奈川県も横浜市が成約減で県下の成約が増えるまだら模様となって下落した。
また千葉県で築古物件の成約が増加し大幅に下落したことが大きく響いた。

他に首都圏平均の成約価格が3か月連続で登録価格を下回って需要にズレが生じていることも一因とした。


1年前の水準と比べると、首都圏平均は2か月連続マイナスとなり、東京23区では30か月連続のプラスだった。

東京23区では、価格水準の高い城南エリアの成約数が減り、都心エリアの成約価格の二極化などを受けて4000万円以上の割合が低下し、その比率は再び30%を割った。


神奈川県は、4000万円台の割合は増加したものの、平均価格を上回る3000万円台の割合が低下し1000万円未満の割合が2年ぶりに20%を超えた。



※週刊住宅タイムズ  抜粋


≪ 前へ|成約数は全エリア減少   記事一覧   売れる物件にシフト 資産価値偏重の指摘も|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る