らいばる > RAIVAL 株式会社フレックスヴァリエーションのスタッフブログ記事一覧 > 買い時とは思わない6割超え

買い時とは思わない6割超え

≪ 前へ|中古マンション価格 東京・大阪弱含み   記事一覧   成約数は全エリア減少|次へ ≫
カテゴリ:不動産市況
買い時とは思わない6割超え
リビン・テクノの不動産投資調査


不動産関連の比較調査サイトを運営するリビン・テクノロジーズ(東京都中央区、川合大無社長)は7月24日、同サイトを利用している20歳以上の男女916人を対象に「不動産投資」に関する調査結果を発表した。


現在、投資対象として最も多い物件は
「区分マンション」(41.1%)
「1棟アパート」(28.6%)
「戸建て」(12.5%)と続いた。


投資経験者に「今後投資してみたい不動産投資の種類」も聞いたところ
「特になし」(37.2%)が最も多かった。


投資用物件は
「買い時だと思う」は8.8%にとどまり、
「買い時ではないと思う」が30.9%で最多。
「買い時はしばらく来ないと思う」も31.3%を占めた。

買い時ではないが6割を超えている。
一方、「消費税増税までは買い時だと思う」(15.1%)もいた。



※週刊住宅タイムズ 抜粋

≪ 前へ|中古マンション価格 東京・大阪弱含み   記事一覧   成約数は全エリア減少|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る