らいばる > RAIVAL 株式会社フレックスヴァリエーションのスタッフブログ記事一覧 > 「買い時」1年前より増加

「買い時」1年前より増加

≪ 前へ|分譲マンション強い拒否反応   記事一覧   東京23区が大幅下落|次へ ≫
カテゴリ:不動産市況


投資家意識
「買い時」1年前より増加
健美家調べ  融資厳格進む前の駆け込み?



収益物件の情報サイトを運営する健美家(東京都港区、倉内敬一社長)は5月31日、同サイトの会員7万3000人を対象に「不動産投資に関する意識調査」を実施した。


4月にインターネットアンケートにより526人から有効回答を得たところ
過去半年の間に「物件を購入した」(36.7%)と回答したのは1年前の調査と比較すると、6.1ポイント減少した。


ただ「現在の不動産市場は売り時化買い時か」を訪ねると
5割弱が「売り時」と回答するものの、「買い時」(13.9%)が1年前との比較で2.3ポイント増加した。


「購入してない」理由は、
「希望条件に合わなかった」(52.6%)
「価格面で折り合いがつかなかった」(31.2%)
など購入意欲はあるものの、条件面の相違がうかがえる回答が目立った。


「買い時」と感じる理由は、「低金利だから」(58.9%)が最も多く、
「融資が厳しくなってきたので、今のうちが買い時だと思うから」(46.6%)の回答が続いた。


実際、金融機関の融資状況について
43.3%が「融資が厳しくなった」と回答しており、
去年同時期と比べて倍以上増えている。


同社では、金融機関の対応が変化してきていると推測する。
物件価格がどう動くか注目していくとした。


※週刊住宅タイムズ  抜粋

≪ 前へ|分譲マンション強い拒否反応   記事一覧   東京23区が大幅下落|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る