らいばる > RAIVAL 株式会社フレックスヴァリエーションのスタッフブログ記事一覧 > 購入ためらう市況に

購入ためらう市況に

≪ 前へ|成約件数3か月連続減   記事一覧   初めて3000万円台に|次へ ≫
カテゴリ:不動産市況


首都圏マンション
購入ためらう市況に
最も割高は「青山1丁目」



東京カンテイは5月7日、首都圏マンションの割高感と格安感を表す独自調査「新築マンションPER」を発表した。


マンション価格が、同じ駅圏内のマンション賃料の何年分に相当するかを求めた値で数字が低いほど割安感を示す。


PER20以下で5%以上の利回りで回る。
築3年未満を対象に駅別で調べた。


2017年の首都圏平均のPERは24.49(対象212駅)と前年から横ばい。
12年以降続いてきた上昇傾向は一服することになったものの、
70平方メートル換算の平均価格をみると、6684万円(前年比2.9%上昇)となり、賃料も22万4905円(同2.5%上昇)と高水準になっている。


もっとも割安感の強かった駅は、JR常磐線の柏駅の14.97だった。
2位が京急本線の京急川崎駅(16.05)、3位がJR高崎線の上尾駅(16.59)となった。

割安感トップの柏は、直近3年間のマンション価格が3700万円~4000万円で安定しているが、
上野東京ラインの開業によって都心部への通勤利便性が高まったことと、駅前タワーマンションからの賃料事例が増えたことで
月額賃料が20万6024万円と2年前から6万円以上も上昇した。


同社では実際の賃料相場から離れ、順位ほどの割安感はないと見立てる。
4位のJR山手線目黒駅(17.24)も同様のケース。


目黒は不動産大手が供給したタワーマンションが賃料の水準を引き上げたとして、上席主任研究員の井出武氏は
「ブリリア目黒タワーは坪2万円の賃料で出ている。本来ならば1.5万円が相場のエリアだ」と話す。


割高感が最も高いのは東京メトロ銀座線の青山1丁目駅でPER45.12だった。
青山1丁目は、月額賃料が38万5302円と40万円に迫る高水準であるものの、マンション価格が2億を超えるため結果的に賃料見合いで最も割高な駅となった。


2位は同有楽町線の麹町駅(37.12)
3位が横浜みなとみらい線の元町・中華街駅(36.37)となった。


前年に比べて、PERが改善した駅は
JR中央線国分寺駅(25.18)が改善率でトップとなり、
都営地下鉄の森下駅(20.13)
京王線の府中駅(23.87)
JR目黒駅(17.24)
都営地下鉄新宿線の舟堀駅(22.33)
が上位5位となった。


井出氏は「国分寺と府中は単純に割安物件が増えたためで、収益力が上がったわけではなく、森下は目黒と同じで1部のタワーマンションによってバイアスがかかっている」とした。


逆にPERが悪化した駅は、
1位が東武東上線の朝霞台駅(27.66)
2位が小田急小田原線の代々木上原駅(31.12)
3位がJR中央線の立川駅(22.68)
4位が東京メトロ銀座線の表参道駅(29.58)
5位が東京臨海高速鉄道臨海線の品川シーサイド駅(26.46)となった。


前年から最も割高感が強まった朝霞台駅は、価格が5006万円と1年前の水準から約1800万円と大幅に上昇したことが要因。


割高感が強まっているのは高額物件の供給が盛んな都心部などのほか、近郊や郊外エリアにも広がっている。


※週刊住宅タイムズ 抜粋
≪ 前へ|成約件数3か月連続減   記事一覧   初めて3000万円台に|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る