らいばる > RAIVAL 株式会社フレックスヴァリエーションのスタッフブログ記事一覧 > 関東圏の“売りたい街”

関東圏の“売りたい街”

≪ 前へ|東京・大阪の価格に一服感   記事一覧   23区平均6000万越え|次へ ≫
カテゴリ:不動産市況


1位「平塚」湘南エリア3駅
※スマイスター2018ランキング



不動産関連の比較査定サイト「スマイスター」を運営するシースタイル(東京都中央区川合大無社長)は、不動産売却の査定依頼のあった不動産の住所をもとに関東地方の「売りたい街ランキング2018」を集計した。


同サイトに調査依頼件数が多かった街を駅別に調べたところ、1位はJR東海道線の平塚、2位は大泉学園駅、3位が宇都宮だった。

平塚駅は都心へのアクセスも良く始発列車が多いという理由で売り買いが活発とみている。
大泉学園駅は住宅街から最寄駅まで離れているものの、駅周辺の再開発や大江戸線の延伸計画などの期待感が注目を受けているという。

宇都宮駅は北関東で唯一ランクインした。
市の中心部にはタワーマンションが多く、2022年のLRT開業控えて人気だとした。

残りトップ10は
4位から武蔵小山、柏、北綾瀬、辻堂、南砂町、亀戸の各駅順となった。
トップ20以内には11位の茅ケ先を入れて湘南エリアが3駅ランクイン。
いずれもブランド力があって、人口が増えているのが特徴としている。

住みたい街で人気の恵比寿も18位に入った。

※週刊住宅タイムズ抜粋
≪ 前へ|東京・大阪の価格に一服感   記事一覧   23区平均6000万越え|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る