らいばる > RAIVAL 株式会社フレックスヴァリエーションのスタッフブログ記事一覧 > 世田谷区が2年連続1位

世田谷区が2年連続1位

≪ 前へ|東京都23区高利回りランキング   記事一覧   心斎橋トップ奪取|次へ ≫
カテゴリ:不動産市況


世田谷区が2年連続1位
17年売却査定の依頼件数  シースタイル調査

    順位
2018年   2017年       市区町村名
  1位     1位        東京都世田谷区
  2位     3位        東京都練馬区
  3位     2位        東京都大田区
  4位     5位        鹿児島県鹿児島市
  5位     4位        東京都足立区
  6位     9位        大分県大分市
  7位     10位          東京都江東区
   8位              7位        東京都板橋区
   9位              8位        東京都杉並区
 10位              6位                        東京都新宿区



不動産関連の比較査定サイト「スマイスター」を運営するシースタイル(東京都中央区、川合大無社長)は3月13日、同サイトに不動産売却査定依頼のあった地域を「売りたい市区町村ランキング2018」として集計した。


査定依頼の件数が多かった行政区は、「東京都世田谷区」が去年に続いて1位となった。
昨年12月までの1年間を通じて毎月トップ10にランクイン。

同社では5年間で空き家が約3.5倍に増加するなど、空き家率が高いことが関係している可能性を指摘した。


2位と3位が昨年と入れ替わった。
2位は「練馬区」3位が「大田区」。

上位10のうち8地域が都内を占めたが、4位の鹿児島市(昨年5位)と
6位の大分市(同9位)の九州勢が入った。

大分市は8月に1位となって毎月トップ10入りし、鹿児島市は7回上位10位にランクインした。


5位は足立区(同4位)、7位に江東区(同10位)
8位板橋区(同7位)、9位杉並区(同8位)、10位新宿区(同6位)だった。


30位以内に「栃木県宇都宮市」(14位)と「東京都中野区」(17位)、「北海道旭川市」(24位)が急浮上。
いずれも、昨年は50位以下だった。

上位100位で見ると、東京都の23区が最も多く
2位の福岡県(10市区)を倍以上引き離した。


3位は神奈川県と大阪府でともに8市区。
昨年圏外だった「目黒区」(41位)、「所沢市」(43位)、「京都市伏見区」(49位)が50位以内に入った。


※週刊住宅タイムズ 抜粋


≪ 前へ|東京都23区高利回りランキング   記事一覧   心斎橋トップ奪取|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る